『ガキの恋愛』

★ガキの恋愛だって大人に負けちゃいないさって感じで…自作小説ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編 『別れの朝』

 17年間そばにいた。家族以外、誰にも懐きやしない馬鹿な奴。でも、そんなトコロがたまらなく大好きだった。口笛なんか吹いてやると、コテッと首を傾げるんだ。真っ直ぐ僕だけ見つめながら。



FC2ブログランキング

↓↑ランキング頑張ってます♪試しに押してみてください!
本編はこちらです→
 ドスンドスンと親父が階段を上がってくる音で目を覚ました。体格の良い親父の足音は芯に響く。その足音にはいくつかのパターンがあって、不機嫌な音、上機嫌な音、疲れている音…と、まぁ、色々あるんだけど、今日のそれはなんだか寂しげな音だった。
 半分閉じたままの目で目覚まし時計を見てみると、時刻は朝の6時。起こされるにはまだ早い。
 ガチャッとドアが開いた。
 「おい、起きて、マー之助にお別れしろ」
 まだ寝ぼけていた頭でもすぐにその言葉の意味が理解できた。理解はできたさ…でも受け入れるコトができない。
 「ふざけるなよ…」
 上半身だけ起こしてそう言った僕に、親父は悲しそうな目で何かを伝えるように頷いた。言葉はもうなかった。
 僕はガバッとベッドから飛び起きてから、ゆっくりと親父の後について階段を下りた。1歩1歩がやけに重たい。足裏に感じる階段の冷たさが僕にコレは夢じゃないんだと訴える。
 階段を下りたところ、リビングのTVの横…小さなクッションの上で、小さな小さなマー之助が体を丸めて横になっていた。小学校3年生の頃から一緒に暮らしているポメラニアン。あの頃からそいつのサイズはあんまり変わってない。大事な僕の弟。
 膝をついて、いつものようにマー之助の頭を撫でた。綺麗な茶色。その体に何度も触れてみた。目は開いたままだった、閉じようとしても閉じなかった。
 「ふざけんなよおまえ…なにやってんだよ…起きろよ…なぁ…散歩行こうぜ、河川敷でも公園でもどこでも連れてってやるから…今日は仕事だって行かないよ、ずっと遊んでやるから…だから起きろよ…」
 どうすれば良いのか分からなくなって必死に語りかけた。語りかけてたら涙が溢れた。でも、泣いたらホントに終わってしまうから、僕は懸命に涙を堪えようと頑張った。
 小型犬の寿命なんて短いモノ…そう考えるとこいつは長生きした方だ。老衰で苦しまず息をひきとれただけ幸せなんだ。自分の感情を納得させようとそんなことを考えたけど…ついにが零れ落ちた。
 抱きしめた、抱き上げたら冷たくて軽かった。
 「今からちゃんと火葬してもらってくるから…」
 そう言って親父は僕の手に眠るマー之助を抱き上げた。僕の背後で、母親が言葉もなくして泣いていた。僕はもう1度だけマー之助の頭を撫でると、その鼻先にキスをした。いつもなら、そうすると、うざいぐらいにペロペロとナメ返してくるくせに…
 家族以外には懐かなくてキャンキャンうるさい馬鹿犬。初めて川を見たとき、嬉しくて飛び込んで溺れかけたマヌケなマー之助。落ち込んでる僕の足に絡んでずっとそばにいてくれた優しい弟。
 辛くて悲しくてどうしようもないけど、僕の隣にはいつだってあいつがいるから…速く走れとグイグイ小さな体で引っ張るから、もう疲れたのかよって呆れた顔なんてされないように、僕は止まらず前に進むんだ。
 愛想笑いでシッポ振る、そんな姿は見せられない。
 
『猿り言』
★犬と暮らすって素晴らしい。
 別れは辛かったけど…
 でも素晴らしい!
★トプログ★
携帯用ランキング♪



FC2ブログランキング
↑『別れの朝』良かったなって方はコイツをクリックしてくれると嬉しいです♪


ガキ恋、今何位?応援よろしくです♪
 
スポンサーサイト

テーマ:エピソード - ジャンル:小説・文学

コメント

会社で…

仕事の合間に読んだんだけど…
泣ける~。.゜.(ノД`)だって、アタシの家にもニャンコがいるカラ…
うちの子はマダマダ元気ダケド、もうけっこう年だからね。。
確実にアタシよりさきに逝っちゃう…その日のことは悲しすぎて
想像がつかないだろーな。。。

  • 2006/05/25(木) 14:24:09 |
  • URL |
  • マナ #-
  • [ 編集 ]

私もね、犬飼ってるの。。
うちは、ミニチュアダックスなんだけど、
病弱でね、何度も死にかけたの。。
そのたびに、神様に「この子を助けて」ってお願いした。。
・・・そのときのこと、思い出して、泣いちゃった。。
そして、今は元気なうちの子・・抱きしめてやった。
うちの子・・きょとんとしてた。

  • 2006/05/25(木) 16:54:32 |
  • URL |
  • ミイ #-
  • [ 編集 ]

涙が止まりません・・・

私、ポメラニアンを飼っていました。
数年前、彼女は老衰しました。数日前から元気がなくなり、その日も病院から
家に戻ってきたところでした。
家でもぐったりしていたのに、大好きな父が仕事から帰ってくる車の音に反応していました。
そして、父が帰ってくるのを待っていたかのように、そっと息を引き取りました。
家族が出かける時には絶対に玄関まで追いかけてきたあの姿が忘れられません。
玄関に飾ってある彼女の写真に全員が「いってきます」と今も声を掛けてます。

  • 2006/05/25(木) 17:36:07 |
  • URL |
  • cherryblossoms #-
  • [ 編集 ]

マナさん≫

仕事と合間に読んでいただいてありがとうございます
いつか別れがあることを理解してはいたけど、
実際その日がくると切ないモノです。

  • 2006/05/25(木) 19:20:53 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

ミイさん≫

ミニチュアダックス可愛いですよね~
ブログで1度拝見しましたよ♪
病弱なのって心配ですね…
思いっきり可愛がってあげましょう!

  • 2006/05/25(木) 19:22:36 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

cherryblossomsさん≫

同じポメラニアン…
キャンキャンうるさい犬だけに、いなくなると寂しいですよね。
クリッとした目が可愛くて可愛くて…
苦しまずに静かに眠ったその姿、
きっと一生忘れません。

  • 2006/05/25(木) 19:26:46 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

ウチのモカは二代目です。一代目はレイという名前でした。同じビーグルです。
生後二ヶ月でした。約10日間17年間なんて比べ物になりませんが、病死です。
たった10日。でも家族だったことには違いありませんでした。「死」というのは受け入れるのが難しいです。その時改めて感じさせられました。
今はその命を受け継いだ、モカを大切に育てていきたいです!口笛を吹けばやっぱり首を傾げます(笑)
先のこと(死)など考えずに、一瞬一瞬を大切にしたいと思います!

と、こんな気持ちは久しぶりです!ありがとうございます^^今から寝ているモカをムリヤリ起こして頭を撫でまく(略
感動しました!

  • 2006/05/25(木) 22:01:45 |
  • URL |
  • EggMAN #-
  • [ 編集 ]

EggMANさん≫

素敵なコメントありがとうございます!
犬って不思議ですよね~
言葉1つ通じないのに、なぜか心が通い合ってる気がしたり…
思いっきり可愛がってあげてくださいっ!

  • 2006/05/25(木) 22:09:13 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

もう次がUPされてるっ!
と嬉しくて読み始めたけど
目がウルウルだよ~ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
動物は人間のココロを癒してくれる
ホントに大切な存在だよね。

  • 2006/05/26(金) 00:30:14 |
  • URL |
  • うさぎ #L8AeYI2M
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/05/26(金) 00:31:41 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

うさぎさん≫

ホント大切な存在ですね…
言葉がないぶん、なんだか心がつながる存在。
書きながら泣きそうになりました。

  • 2006/05/26(金) 00:38:39 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

鍵コメさん≫

了解です!
これからもよろしくね~♪

  • 2006/05/26(金) 00:39:50 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

こんばんわ♪
先ほどはコメントありがとうございました。
うちもピレネーとシーズーとペルシャ猫を飼っていますので、いつも別れの時を考えています。・・・考えて想像するだけで涙が出るほどこの子達を愛しています。・・・でもその時は必ず来るんですよね~
ああ~駄目だ・・・・考えるだけで落ち込む・・・・
コメントが愚痴になっちゃった・・・・ごめんなさい(:D)┓ペコリ
今日も(´ω`*)ポチッとして帰りますね・・・

  • 2006/05/27(土) 00:44:44 |
  • URL |
  • ブァネッサ #-
  • [ 編集 ]

ブァネッサさん≫

ペルシャ猫ってめっちゃブァネッサさんのイメージ通り…笑
別れって辛いけど、必ず来ちゃうから…
存分に可愛がってあげてください!

  • 2006/05/27(土) 01:21:38 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

きっと

小説にしてもらって、マー之助も喜んでるよ。

  • 2006/05/27(土) 18:19:33 |
  • URL |
  • みっく #-
  • [ 編集 ]

みっくさん≫

ホントにサンクスです…

  • 2006/05/27(土) 20:32:50 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

別れの朝・・・タイトルだけでヤバイです(T_T)

一緒にいる時は楽しくて、側にいるのが当たり前で幸せで。。。なのに、突然、でも確実に「別れ」がやってきちゃう。
私はこのお話読んで、今同居してる祖母のこと考えました(ワンちゃんじゃないのに;;)
いつか必ずくる「別れ」だから、一緒にいる今を大切にしよう。。。

あんまり泣かせないでぇ、KING MONKEYさ~ん(T_T)/

  • 2006/11/01(水) 23:58:01 |
  • URL |
  • あきらら #-
  • [ 編集 ]

あきららさん≫

この短編は自分でもかなり思い入れがあって、
感想のコメント頂く度に、書いて良かったなって思います。
別れって、過ぎてから現実になることが多いんですよね…
だからこそ一緒にいる今を大事にって、スゴイ大事だと思います!

コメントサンクスです!!!

  • 2006/11/02(木) 01:21:11 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gakiren.blog55.fc2.com/tb.php/59-4ee9ad62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。