『ガキの恋愛』

★ガキの恋愛だって大人に負けちゃいないさって感じで…自作小説ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編 『金色した指輪』

 …もし今だったらなんて言ってくれるんだろう? …もし今だったらどんな目をするんだろう?今だったら僕は堂々と胸を張ってギュッと握り返しながらこう言ってやる…「約束ぐらい守れよな」ってね。



FC2ブログランキング

↓↑ランキング頑張ってます♪試しに押してみてください!
本編はこちらです→
 母親方のじいちゃんは、昔から僕のことをえらく可愛がってくれた。きっと愛する娘に瓜二つだからだよ…って母親はそう言って笑った。他の孫たちと違って、遠くに離れて暮らしていたからってのもあるかもしれない。九州と北海道…その距離はなかなかのモンだしね。
 いつだったか、家族で九州に遊びに行った時、近所のショッピングセンターのベンチで、僕とじいちゃんは2人っきりになった。母親たちは元気にお買い物、歩き疲れたじいちゃんと、面倒くさくなった僕。
 「イットクは今、仕事なにしちょる?」
 僕の本当の名前はカズノリって言うんだけど、じいちゃんは僕のことをイットクって呼ぶ。一徳って漢字を決めたのはじいちゃんで、ホントはイットクって読みにしたかったらしいんだけど、親がなんとなく読み方を変えてカズノリにした。でも、じいちゃんだけはずっと僕のコトをイットクって呼ぶ。それがなんだか嬉しかった
 「…今は…運送とかでバイトしたり。フリーターってやつ…」
 ホンの少しだけ躊躇してから、僕はボソッとそう答えた。前に料理の仕事をしていた時、じいちゃんがすごく喜んでいたのを知ってたから、なんとなく料理をやめたって言い辛かった。
 「…つまらん」
 しばらくジッと考えてから、じいちゃんは小さな声でそう言った。そして微かに笑顔を浮かべて、僕の目を優しく見つめたんだ。深い皺の奥に埋もれたその瞳には色んな感情が溢れてた。その全てを理解できるほど、その頃の僕は大人じゃなかった
 
 「じいちゃんに会えるのもこれが最期かもしれないから…」
 病院の玄関で母親は僕にそう言った。その声は震えていた。
 病室に入ると、ベッドの上で白いシーツに包まれ、グッタリとしたじいちゃんの姿が目に飛び込んできた。周囲を威嚇するぐらいの威厳を放っていた男の姿はもうそこにはない。もう腕1つ満足に動かせないその姿を見て、僕は悲しみや哀れみよりも、なんだか分からないけど怒りを覚えたんだ。じいちゃんはだった。
 「じいちゃん…」
 僕がベッドのすぐそばまで行くと、じいちゃんは小刻みに震える手を必死に伸ばして僕に差しだそうとした。僕はその手をしっかりと受け止めて、ギュッと強く握ったんだ。じいちゃんも同じようにギュッと強く握りかえしてきた。指に当たったじいちゃんの指輪の感触が妙に心地良かった
 「今…イットク…なにやっちょるん?」
 何年か前と同じ質問に、僕はなにも答えれなかった。何も答えれなくて、ホンの少しだけ背を丸めて俯いた。
 「じいちゃんこそなにやってんだよ…」
 そう言い返すのがやっとだった。
 「つまらん…」
 じいちゃんの目がそう言って僕を見ている気がした。
 「夏になったらまた遊びに来るから…だからいつまでも寝てるんじゃねーぞ!」
 僕がそう言うと、手を握りながらジッと僕の目を見つめていたじいちゃんの瞳からドッと感情があふれ出した。それはとても静かで、痛いぐらいに強い想い。
 「おう…夏か…待ちょるぞ…」
 そう言ってじいちゃんはさらに強く僕の手を握りしめた。僕はその手をさらにさらに強く握りかえしてやった。これでもかってぐらい強くね。
 でも…じいちゃんはその約束を守れなかった。

 午前11時25分。僕は短くなった煙草を灰皿の上でググッと押し消してから立ち上がると、首からぶら下げた金色の指輪に手をやって、そいつをギュッと握りしめた。
 「今日も頼むよ…クソじじい」
 毎朝の神頼み。ボソッとそう言ってから、いつものように金属製の看板プレートを持って外へ。
 僕は調理師になって、自分の店も持った。あなたと同じで、酒も煙草も女も大好きだ。だからもう1度同じ質問をして欲しい。もう1度その目で何かを伝えて欲しい。
 今度は「つまらん」なんて言わせないから。
 
『猿り言』
★こんな短編でした…
 恋愛じゃない…!?…そこは大目にみてください。 



FC2ブログランキング
↑『金色した指輪』良かったって人はコイツをクリックしてくれると嬉しいです♪


ガキ恋、今何位?応援よろしくです♪
  
スポンサーサイト

コメント

マジメに感動。

じぃちゃん!!
とってもステキなじぃちゃんですね。
”イットク”と呼び続ける…じぃちゃんにはその呼び名に深い想いがあったのでしょうか。


  • 2006/05/10(水) 01:50:44 |
  • URL |
  • nao #-
  • [ 編集 ]

naoさん≫

感動だなんて嬉しいです。
深い想い…きっとあったんだと思います。

  • 2006/05/10(水) 02:43:09 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

良い話ですね~。
短い話なのに感動できます。
短編の才能もあるんですね!

  • 2006/05/10(水) 03:05:04 |
  • URL |
  • あやせ #wHR34mM6
  • [ 編集 ]

あやせさん≫

短編ってホント難しいです…
でも書くの楽しいですね♪
もう少し頑張ります!

  • 2006/05/10(水) 04:23:43 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

素敵なお話です。
金色の指輪は、じいちゃんなんだね。
きっと、じいちゃん、天国で「イットク・・やったな!」って笑ってるかも。
朝から、感動!
今日は、一日優しい気持ちになれそうです。

  • 2006/05/10(水) 04:40:56 |
  • URL |
  • ミイ #-
  • [ 編集 ]

ミイさん≫

朝から感動して頂いて嬉です♪
素敵なお話だなんて嬉しいです♪
朝からホント嬉しいだらけです!笑

  • 2006/05/10(水) 04:55:19 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

じいちゃん…

かっこイイですね。アタシも、こういう付き合い方できてたらよかったのに…
こういう話、好きです。。

  • 2006/05/10(水) 14:07:44 |
  • URL |
  • マナ #-
  • [ 編集 ]

いや~いいですよ。
恋愛だけじゃなくて、こういう作品もいいですね。
男は特に感じるものがあるんじゃないですかね。

  • 2006/05/10(水) 16:29:26 |
  • URL |
  • ゆ~しゃん #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。

いいお話ですね~~。
恋愛ものじゃなくても、同じくらい素敵なお話です!!
短編で、こんなに深いお話を書けるなんて、尊敬の一言ですね。
短編も、がんばってください!!

PS わたしのブログにリンク貼らせて頂いても良いですか??

  • 2006/05/10(水) 16:40:37 |
  • URL |
  • みどりばもみじ #tHX44QXM
  • [ 編集 ]

マナさん≫

好きだっていってもらえて感激です
けっこう短編は自信がなかったので、
励みになります!

  • 2006/05/10(水) 19:37:17 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

ゆ~しゃん さん≫

男同士の素敵な関係というか、
そんな感じで書いてみたので、
コメント嬉しいです♪

  • 2006/05/10(水) 19:38:33 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

みどりばもみじさん≫

素敵だと言ってもらえて嬉しいです♪
短編頑張ってみますね!
超短は難しいですね…笑

★リンクフリーなんで大歓迎です♪

  • 2006/05/10(水) 19:40:48 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

こんにちわ♪
コメントありがとうございました。
良い話でした。短編小説なのに状況が良く描かれていますね!
また(´ω`*)ホチッとして帰ります。

  • 2006/05/10(水) 20:59:15 |
  • URL |
  • ブァネッサ #-
  • [ 編集 ]

うぅ。

自分の瞳からもドッと感情があふれて・・・

あれ?瞳どこだ?

うちのおじいちゃんはまだ自分が2,3才のころ死んじゃったので、少し照らし合わせながら読んでました。
改めてもっと長生きして欲しいと思いましたね(ノ∀`)

感動です!ありがとうございました!

  • 2006/05/10(水) 21:20:39 |
  • URL |
  • EggMAN #-
  • [ 編集 ]

ブァネッサさん≫

いつも応援ありがとうございます!
良いお話と言ってもらえて嬉しいかぎりです
ギルバート・グレイプみたいな作品書ければな~
なんてたまに思います。笑

  • 2006/05/11(木) 02:27:50 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

EggMANさん≫

卵白!?笑

感動だなんて!嬉しいですね~
書いて良かったなってホント思えるコメント…
感無量です!

  • 2006/05/11(木) 02:29:10 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

こんばんわ(:D)┓ペコリ
いつもコメントありがとうございます。
『ギルバート・グレイプ』みたいな作品・・読みたいです。
頑張って書いてくださいね!
今日も(´ω`*)ポチッとして帰ります。

  • 2006/05/11(木) 22:22:33 |
  • URL |
  • ブァネッサ #-
  • [ 編集 ]

ブァネッサさん≫

ギルバート・グレイプ大好きなんですよね~
こちらこそコメントサンクスです♪

  • 2006/05/11(木) 22:33:50 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

昔からおじいちゃんとおばあちゃんは神様だと思ってました。連休に会いに行った時、いつもより私は神様に優しくなかったかもしれない。 次会った時は最高の笑顔を見せます。ありがとう、いっとく(^-^)

  • 2006/05/15(月) 21:55:29 |
  • URL |
  • ワーホリ #-
  • [ 編集 ]

ワーホリさん≫

じいちゃんバアちゃんには優しくが基本です。笑
最高の笑顔見せてあげてください!

  • 2006/05/15(月) 23:09:04 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

このお話を読んだら

きっと、おじいちゃんも喜んでますよ♪
約束、きっと守れなくていちばん「つまらん」って思っているのはおじいちゃんでしょう…。

  • 2006/05/17(水) 14:49:17 |
  • URL |
  • みっく #-
  • [ 編集 ]

みっくさん≫

コメントありがとうございます!
きっと喜んでるでしょうね~
でも「つまらん」って言ってるかも!?笑

  • 2006/05/17(水) 22:24:40 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

775

恋愛並に胸キュンです(´・ω・`)

  • 2007/11/19(月) 17:57:55 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

775さん>

恋愛より大事なものっていっぱいあります。

  • 2007/11/20(火) 12:18:43 |
  • URL |
  • KING MONKEY #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gakiren.blog55.fc2.com/tb.php/48-3d17f208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。